第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる成分ですよね。普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事をするのも辛い時がありますよね。
そうすると食べ物からの摂取が辛い時もありますよね。そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリメントに切り替えることで不足した葉酸を確実に補給することが出来ます。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。
葉酸の働きは、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。
他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。
赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてください。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。
レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。
妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、毎日の食事でとっていきたいものです。
全体的にはバランスよく一つの食品群に偏らないことが健康維持にもつながるのも事実です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けるようにしましょう。葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。
青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、代表的なものにイチゴやライチがあると発表されています。
あるいは、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。
ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのもおススメです。妊娠が分かった後に葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん良いと思います。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、話を切り出しづらくて、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。幸い、それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、それは違います。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が最も注意する期間ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。
今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂取するように、と読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。
野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸のサプリを飲んでも良い、とも書いてありました。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。

不妊サプリメントは男性用にもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です